大谷翔平の家族構成は5人で体育会系【ショック!】弟が亡くなっていた

大谷翔平さんの家族構成は、父、母、兄、姉、大谷翔平さんの5人家族に加え、弟として家族同様に可愛がっていた、犬のエースくんがいました。

心身ともに健康で朗らかで、みんなに愛されるプロ野球選手の大谷翔平さん。

一体、どうすれば、あれほどの素晴らしい人物に成長するのでしょうか?!

あなたも大谷翔平さんの家族や家庭環境にご興味ありますよね?

今回は大谷翔平さんの家族について調べたので、最後まで読んでくださいね♪

スポンサーリンク

大谷翔平の家族構成は5人で体育会系一家♪

引用元:X (Twitter)

大谷翔平さんの家族構成は、父・徹さん(56歳)、母・加代子さん(53歳)、兄・龍太さん、姉・結香さん、大谷翔平さんの5人家族です。

大谷翔平選手の家族構成 (2023年時点)
  • 父:大谷徹(おおたに とおる)
    60~61歳 元社会人野球選手 現在少年野球の監督
  • 母:大谷加代子(おおたに かよこ)
    59~60歳 元バドミントン選手
  • 長男:大谷龍太(おおたに りゅうた)
    35歳 元社会人野球選手
  • 長女:大谷結香(おおたに ゆか)
    31歳 元バレーボール部
  • 次男:大谷翔平(おおたに しょうへい)
    29歳 メジャーリーガー

大谷家は全員スポーツをやっており、完全な体育会系一家です。

大谷翔平さんの父と兄は元社会人野球の選手で、さらに母・加代子さんの父・明さん、つまり大谷翔平さんの母方の祖父も中学時代野球部のエースで4番だったとか。

男性陣はみんな、野球で繋がっているいうことになりますね。

また、母・加代子さんは元バドミントン選手で、全国大会で準優勝に輝きましたし、大谷翔平さんの2歳上の姉・結香さんは、元バレー部でした。

見事なスポーツエリート一家です!

大谷家のDNA

大谷翔平さんは父・母のDNAをしっかり受け継いでいます。

大谷家はご両親共に高身長なので、兄弟3人遺伝的にみな背が高いです。

  • 父:徹 182cm
  • 母:加代子 170cm
  • 長男:龍太 187cm
  • 長女:結香 168cm
  • 次男:翔平 192cm

大谷翔平さんが一番高いですが、兄・隆太さんも負けず劣らず187センチという高身長です。

大谷家は親族もみな、大きいそうです。

家族みんなで歩いてるとめっちゃ目立つね!

大谷翔平の両親の職業

引用元:X (Twitter)

大谷翔平さんの父・徹さん(1962年生まれ)の職業は、岩手県北上市出身の元社会人野球選手で、現在は中学硬式野球チームの監督をしています。

大谷翔平さんの母・加代子さん(1963年生まれ)は元バドミントン選手でしたが、現在は主婦をして、大谷翔平さんの帰国時には身の回りのサポートをしているようです。

大谷翔平の父親は硬式野球のコーチ

父・徹さんは中学のときから野球で活躍し、岩手県立黒沢尻工業高校で甲子園を目指し、卒業後は社会人野球の三菱重工横浜で外野手としてプレーしていました。

その当時はプロ野球選手になりたいという夢をもっていたのですが、腰を痛め、夢半ばで地元の岩手に戻りました。

大谷翔平さんは、野球の基本的なことはすべて父・徹さんから教わったことを明かしています。

大谷翔平さんが小学2年生で「水沢リトル」に入団したときは自らコーチや監督となり、さらに中学に上がり入団した「一関リトルシニア」でも指導にあたりました。

長男・龍太さんが野球を始めたときは何もしてあげられずに後悔した父・徹さんは、野球を始めたいと言ってきた息子・大谷翔平さんを精一杯応援したかったのだとか。

大谷翔平の母親は元バドミントン選手

引用元:X (Twitter)

大谷翔平さんの母・加代子さんは小学5年生の時からバドミントンを始め、中学時代に全国大会で団体の準優勝、高校時代は高校総体や国体の参加経験があります。

高校時代の友人いわく、母・加代子さんはまさに、大谷翔平さんを女性にしたような存在だったといいます。

大学卒業後、母・加代子さんはバドミントンチームのある三菱重工横浜製作所に入社しますが、仕事との両立は厳しく、練習にあまり時間を割けなかったそうです。

母・加代子さんは入社1年目のころに、父・徹さんと出会っています。

つまり、社内恋愛・社内結婚♡

結婚し、夫の故郷である岩手に移ると、加代子さんは自宅で内職をしながら子育てをし、大谷翔平さんが小学校に上がるころに水沢市内の焼肉店でパートを始めました。

母・加代子さんは、大谷翔平さんが稼ぐようになってからも依然としてパートを続ていて、大谷翔平さんがエンゼルスに入団する2018年まで続けていたといいます。

あるとき大谷翔平さんから「母さん、いつまで働くつもり?」と聞かれると、「自分たちの生活は自分たちで」と、息子に甘えるつもりはないと答えたそうです。

さすが!この親にしてこの子ありです。

「育ててやったのだから」と当然のように子供に寄りかかる親もいる中で、相当に稼いでる息子をあてにしないとは、あっぱれなご両親ですね。

地に足ついていらっしゃる!

母は息子の心配も世話もする

が、しかし、大谷翔平さんがどんなにスゴイ選手になろうとも、母・加代子さんにとっては息子は息子ですので、母親として心配は尽きないものです。

大谷翔平さんが日本に帰国しているときは、母・加代子さんが上京し、身の回りのサポートをするそうです。

母・加代子さんのサポートは、大谷翔平さんが結婚するまで続くでしょう。

大谷翔平さんは憧れる選手が松井秀喜さんで、33歳で結婚した松井秀喜選手同様、自分も30代になるまでは結婚しないで野球だけに専念すると宣言しています。

スポンサーリンク

大谷翔平の兄は野球コーチ

引用元:X (Twitter)

1988年生まれで大谷翔平さんの7歳上の長男・大谷龍太さんは35歳(2023年時点)で、トヨタ自動車東日本硬式野球部に所属し、現在は現役を引退しコーチをしています。

過去には、高知ファイティングドッグスでプレーしていたといいます。

引用元:X (Twitter)

やはり兄弟♪おもかげあります。

兄・龍太さんは元ミス高知の妻と結婚し、長男が生まれています。

大谷翔平さんは早々叔父さんになり、甥っ子にメロメロだそうですよ♪

スポンサーリンク

大谷翔平の姉はバレーをやっていた

引用元:X (Twitter)

大谷翔平さんの姉・結香さんは大谷翔平さんの2歳上で1992年生まれの現在31歳(2023年時点)です。

姉・結香さんもまた、高身長の168センチで、高校時代にはバレーボールをしていました。

2020年に大谷翔平さんの母校である花巻東高校野球部の部長・流石裕之さんと結婚し、女の子が生まれていて、大谷翔平さんは姪っ子にもメロメロだとか♪

引用元:X (Twitter)

姉・結香さんの夫・流石裕之さんは、大谷翔平さんにとっても野球部時代から愚痴や悩みを親身になって聞いてくれた、優しくて頼れる兄貴的存在でした。

父・徹さんは「翔平が恋のキューピッドなんだ。」とうれしそうに周囲に話していたといいます。

また、姉の結香さんは、ファッションには少々疎い弟・翔平さんのためにコーディネートを担当してくれるのだそうです。

持つべきものは面倒見のいいお姉さんですね。

スポンサーリンク

大谷翔平と家族の絆

引用元:X (Twitter)

大谷翔平さんの家族はみな大谷翔平さんには家族のことで煩わせたくない、野球に集中してほしいと願っており、裏方として応援し、励ますことに徹しています。

大谷翔平さんも家族取材を一切NGとし、万が一、家族に接触した場合には、今後の取材は一切拒否とするほど徹底しています。

自慢の家族のフィーバーぶりに浮つかないでいるのはなかなか…。

大谷翔平さんと家族の、お互いを思いやる絆を感じますね。

ご家族の浮つくことのない支えがあって、大谷翔平さんが野球に集中できるのですね。

スポンサーリンク

大谷翔平の家族が住む実家は岩手にある

引用元:X (Twitter)

大谷翔平さんの実家は岩手県奥州市にあり、特別立派な豪邸ではない、ごく一般的なお家でした。

あるとき、大谷翔平さんが親孝行の気持ちで実家の建て替えを両親に提案したことがあったのですが、祖父からたしなめられたそうです。

「両親も元気で、家もまだ古いわけでもないんだから、そんなふうにお金を使うもんじゃない。ちゃんと貯めておきなさい。」と。

なんと、お祖父さまも堅実で素晴らしい!

大谷翔平さんの魅力は、チャラチャラしない地に足着いた生活と、家族を守れる強さ、そして、ずっと変わらずひたむきな野球少年のままのようなところですよね♪

ご両親は大谷翔平さんに対して「あれをしなさい、これをしなさい」と言ったことがないとのこと。

自主性を重んじ、「自分で決めて、責任を持つこと」をさせてきたといいます。

また、大谷翔平さんのご両親は、子供の前で絶対に夫婦喧嘩をしないことを決めていたそうです。

親が仲良く、家族が仲良いことは、子供にとって本当に大切なことですよね。

やはり、大谷翔平さんが大谷翔平さんになったのは、素晴らしい家族の中で育った環境が影響しているのでしょう。

スポンサーリンク

大谷翔平の名前の由来は岩手愛にあふれている!

引用元:X (Twitter)

大谷翔平さんの兄・龍太さんと姉・結香さんは横浜で生まれたのですが、大谷翔平さんは父・徹さんの故郷岩手の水沢市(現奥州市)で生まれています。

父・徹さんは、大谷翔平さんの名を付けるとき、「源義経が平泉にいた」という伝説から「義経」という名前でもいいかなと思ったそうです。

が、しかし「大谷義経」ではいくらなんでも大それてるかなと思い直し「翔平」と名付けたと語っていました。

奥州平泉が近いので、平泉の「平」の字と、身軽で美男子だった義経がはばたくようなイメージの「翔」の字とを合わせて「翔平」と名付けのだとか。

スポンサーリンク

大谷翔平の弟は犬のエースくん!

引用元:X (Twitter)

大谷翔平さんの成功の陰には、大谷翔平さんの愛犬ゴールデンレトリバーのエースくんの存在があります。

引用元:X (Twitter)

ちっこい大谷翔平さんがちっこいワンコを抱いてるっ!

大谷翔平さんにとって、エースくんは大切な家族であり、弟のような存在でした。

エースくんがやってきたとき、小学1年生の大谷翔平さんは「僕にやっと弟ができた」と喜んだといいます。

大谷翔平さんの弟・エースくんは2017年の7月に15歳8か月で亡くなりました。

スポンサーリンク

大谷翔平の新しい家族は犬のデコピンくん♪

引用元:X (Twitter)

最近、「大谷翔平の犬」で話題になった、大谷翔平さんの新しい家族の名前は、デコピン(Decoy)くんといいます。

ドジャース入団会見で「世界中の人が知りたがっている犬の名前を教えてください。」と質問されて「デコピンって言うんですけど、へへっ♪」と答えていました。

引用元:ニコニコ生放送

大谷翔平さんがデコピンくんとハイタッチする姿に悶絶したファンは多いですよね♪

デコピンになりたい~♡

大谷翔平の犬・デコピンくんはリハビリ中にやってきた

大谷翔平さんがデコピンくんを飼い始めたのは、2023年、大谷翔平さんが右肘の手術を受けた直後の10月ころだそうです。

もともと犬を飼いたいと思っていた大谷翔平さん。

リハビリで家から出られないだろうし、犬の面倒も最初の1ヶ月は大変だろうということで、ちょうどいいタイミングだと考えてデコピンくんを迎えたといいます。

大谷翔平さんとデコピンくんは一緒に寝転がってリハビリに励んだそうですよ♪

術後のリハビリには激痛が伴い、来シーズンへの不安も押し寄せていた時期でしょうから、デコピンくんは大谷翔平さんの最高の癒やしになったことでしょうね。

スポンサーリンク

大谷翔平の犬はセレブが飼う犬

さて、大谷翔平さんの新しい家族に相当注目が集まったわけですが、何よりも、とても珍しい犬種であることも話題になりましたね。

大谷翔平さんのワンコは、コーイケルホンディエという犬種で「セレブが飼う犬」として知られているそうです。

一般庶民の私は、この犬種を初めて知りました!

日本では年間150頭前後しか登録されていないそうで「この犬種、どこで手に入るの?」「私も飼いたい!」などと、わきたっている人もいるそうです。

が、しかし、「大谷翔平さんが飼っているから」という理由だけで、安易に犬を飼わないでいただけたらいいなあと、切に切に願います。

大谷翔平さんの隣にいるので、一見小さく見えますが、コーイケルホンディエの体重は8~13kgほどの中型の狩猟犬なので、運動や散歩の時間もたっぷりと必要です。

引用元:X (Twitter)

大谷翔平さんには最高のパートナーだけどね!

が、しかし、「セレブが飼う犬」といわれるくらいですから、お金と時間に余裕がなければ、犬も人間も不幸になってしまいます。

大谷翔平さんも多忙な時期には、誰かにお世話を頼むでしょう。

ペットシッターや、もしくは、大谷翔平さんと行動を共にしている、通訳の水原一平さんの奥様がお世話しているのでは?といった噂もあります。

大谷翔平さんの背番号をつけたユニフォーム姿の水原家のワンコたち▼

引用元:instagram

これからはみんなドジャースのユニフォームにお着替えだね♪

ところで、大谷翔平さんは犬だけでなく、猫も可愛がっていました。

引用元:X (Twitter)

猫の名前はニャンだろう?気になるニャ~!

なんだか、大谷翔平さんのファンがさらにさらに増えたのではないでしょうか。

家族に、いやいや、全世界のみんなに愛される大谷翔平さん!

ドジャースに移籍が決定した大谷翔平さんの、これからのご活躍も心から期待しています♪

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

error: Content is protected !!